プロフィール

 

プロフィール

a12

 

 

初めまして、広田雄二(33歳)です。

2児の父親で現在、本業の傍らネットビジネスを展開しています。

ネットビジネスを始めてから、約5年がたとうとしています(2011年開始)

 

ネットビジネスを始めた理由

d31fc4b3613b8135e45dd18dc4483a39f83709cf_l

現在、本業として“介護”の仕事をしています。

世間で、思われている通り、薄給で、重労働の仕事です。

離職者は、年間20万人を超えています。世間からは、冷たい目でみられるような仕事です

約5年前、27歳の時に、妻が妊娠したことが分かり、凄く感動したことを

今でも、覚えています。元々子供が、大好きだったので、産まれてくる子供は、もっとかわいいだろうなと

ワクワクしていました。
でも、その反面、この給料で、夫として、父として

このままでいけないと思いました。

介護という安いお給料で、家族を養えるのか、子どもたちを幸せにできるのかと、悩む日々が続きました。

本業があるので、情報誌などをみて

本業をしながらでもできるアルバイトを探しました。

そこで、始めたのが、ラーメン屋でのアルバイトでした。
もちろん、仕事が終わってからになるので、

夜遅くに行くのですが

子供が産まれるまでは、ほぼ、毎日アルバイトをこなしていました。

妊娠している妻を一人残して、夜も仕事に行くことは、ほんと心苦しかったことを今でも覚えています。

それに加えて

丁度、介護のケアマネージャーという資格をとるため

勉強をしていましたので、あまり寝ない日々が続いていました。
子供が産まれてからも、妻に迷惑をかけると

思いながらも、お金を稼がないといけない、お金で家族を困らせては、いけないと一生懸命に働きました。
フラフラになりながらも、家族のためと歯を食いしばって

来る日も来る日も、昼は、本業、夜は、アルバイトの日々を続けました。
でも、そんな、ある日
妻から

子供の夜泣きがひどい、子供が

体調を崩すことが多い、夜子供と

2人きりなのは、とても不安に感じる

と言われました。

実際に、アルバイト中にも電話がかかってきて、子供を

救急で病院に連れて行くことも何度となくありました。

でも、僕の中で、お金を稼がないといけないという

思いから、妻と話し合いの上、バイトを継続することにしました。
その時の妻の悲しそうな顔は今でも忘れません。

今、思えば

育児で疲れている妻のそばにいて

あげるべきだったと思います。
そんな状況でしたので、妻が辛い中、

無理して頑張っているのは痛いほど伝わってきました。。
僕自身の稼ぎが少ないから・・・

毎日、このことで、頭がいっぱいでした。

僕自身家族をしっかり守っていけるだけの

稼ぎがないのに、なんで、結婚したんだと自責の念に

かられました。

僕自身に保険をかけているので、このままいっそ死んでしまおうかと考えたこともありました。
そうすれば、少なくともお金の面では

困らなくなると・・・
いや、そんなことは、絶対に間違っている!

妻、子供をお金で解決させるな!

ただ逃げようとしてるだけじゃないか!

と、自分に言い聞かせて、解決できる方法を
必死に探しました。

 

 

普段は、決して泣くことはないですが、この時ばかりは

自分の無能さに涙が止まりませんでした。

お金が全てでは、ありませんが

それでも、この先、どうすればいいのかと

途方にくれていました。

 

ネットビジネスとの出会い

kizuna_fuji_kouga800

 

何か解決策がないかと模索している時に

ふとTVでみた副業の特集の中で、せどりというものを知りました。
直感的に「これだ」と思い、妻にやってみたいと相談しました。
妻は、一言、「頑張って」と後押しをしてくれました。
あれだけ、困らせてきた妻に

その言葉を言われたとき、

妻に「ほんとにごめんな」と

泣いて、謝ったのを覚えています。
妻には、ただ、感謝しかありません。
そこからは、家族のためにがむしゃらにせどりをしました。

分からないことは、ネットで調べて

色々と試行錯誤を繰り返しました。

ときには、お客さんからのクレームの電話が

仕事中にかかってきたりと、参ってしまう

日々もありました。

でも、家族のために、一生懸命にがんばりました。
徐々に結果が出るようになり

子供や妻にも少しばかりですが

贅沢をさせてあげることができるように

なってきました。

もちろん、赤字になることや

失敗することもありましたが

そんな時、妻は

「負けたら、あかんよ」と

背中をおしてくれました。

独学でせどりをやってましたので

大した知識もなかったですが

ある時職場の同僚、数人に教えたところ

実際に、成果を出して、ものすごく喜んでもらえたことを今でも、覚えています。

その時、教えたのは、今でも

得意としているトレカせどりです。
そのときに、人に伝える楽しさを経験したことと

新しい稼ぐための力がほしいということで

“情報発信”を始めることとなりました。
情報発信も、せどりと同じように最初は

独学でやっていましたが

まったくうまくいかなかったため

今回は、どこかでしっかり学ぼうと決心しました。

その時、見つけたのが25万円の塾でしたが

この時も、妻は、反対することもなく

後押ししてくれました。

 

 

そのころには、せどりでもそれなりの実績を

出せていましたが

その後、情報発信をしっかり勉強したおかげで

月に100万円以上稼ぐことも

出来るようになりました。

現在まで、約200名の方に「トレカせどり」について、教えてきましたし

コンサルも実施しております。

あれだけお金のことで苦しんでいた僕でしたが

今では副業の収入が、本業の何倍にまでなっています。
たった5年で、こんなに変われるんだと

今でも驚いています。

妻と、子どもたちは、僕を信じて

“今も”ついてきてくれています。
家族を裏切らないためにも

僕は、今でも挑戦し続けますし

高みを目指しています。

 

 

  1. せどり知識

    アマゾンからアカウント停止命令が・・・
  2. トレカせどり

    新しいトレカ・高単価気味
  3. 生活

    トレカせどりで稼ぐ思考
  4. トレカせどり

    トレカせどりの仕入れのコツ
  5. トレカせどり

    雑誌に掲載されました
PAGE TOP