せどり知識

アマゾン規約変更・ヤフオク、アマゾン仕入れが危ない!?

結構、衝撃を受けた方も多いと思われる

今回(2017.9月)のアマゾン規約変更は、せどらーにとって

死活問題となる可能性のあるものでした。

 

どんな内容かを下記にまとめたので、御覧ください。

 

 

アマゾンの規約変更

今回の規約変更の内容ですが

新品に関する商品のガイドラインを規制する

というものでした。

 

ーー新品禁止事例3つーー

1.個人(個人事業主を除く)からの仕入れは、新品で出せない。

2.メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者 が受けられない商品を新品として出せない。

3.アマゾンで仕入れたものは新品として出せない。

 

細かく3つのことをアマゾンは禁止としました。

 

 

特に、1.3については、注意しないといけません。

 

 

それぞれの解説(1)

1.個人(個人事業主を除く)からの仕入れは、新品で出せない

メルカリ・ヤフオク・アッテ・フリル等など、個人から仕入れたものは

”新品”ではないという解釈なので、新品で出さないでくださいというものです。

 

ただし、”ほぼ新品”で出すことは、問題ないので、”ほぼ新品”で出すことはできます。

そもそもが、アマゾンが個人からの仕入れかどうかを

全てのせらーに確認してくることは考えにくいですが

急に、納品書を出してください。なんてこともアマゾンは言いかねません。

 

なので

「バレるわけないし、大丈夫」なんて、考えは絶対に持たないほうが良いです。

バレなくても、していることは、規約違反なので、注意してください。

 

 

 

【対策】

個人事業主であれば、新品で問題ないとのことですが

そもそもが誰が個人事業主なのかも分かりませんし、納品書を仮に作成して

もらっても、個人事業主の証明とはなりません。

 

そもそも、個人事業主とは、以下に該当するものとなります。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/2728105.html

 

これをいちいち確認するのも大変ですし

仮にアマゾンに言われた時に、証明してくれるとは限りません。

 

なので、よっぽど信頼のおける個人事業主以外からの仕入れはリスクを伴います。

 

では、やはり個人からの仕入れは、”中古ほぼ新品”で出すことが、無難なやり方になります。

 

ただ、今まで通りの仕入れだと

新品だと利益とれるが、中古なら、出品者も多く、売値も安値ばかりで

とてもじゃないが仕入れができないんてこともあるかと思います。

 

そこで、大事なのが

・新品と中古の価格差が少ないもの

・出品者が少ないもの

を仕入れていくことで、規約に反せずに利益を取っていくことができます。

 

そんな商品があるのかと思われがちですが

まず、出品者が少ないところでは、無駄な値下げや

変な安値の価格で出されることは少ないです。

 

また、ジャンルにもよりますが

トレカは、この「価格差が少ない、出品者が少ない」ものが

意外と多いので、おすすめです。

 

メディア系統なんかは

・出品者が多い

・最安値との差が激しい

などが多い印象があるので、難しいかもしれません。

 

なので、今回の規約改変に伴って

それでも通用しやすいジャンルを増やしていくことも1つの解決かと

思います。

 

恐らく、面倒だと思うせどらーが多いと思うので、

こういう時は、チャンスになることが多いです。

人が避けること、辞めることの先に

稼げることは、多数転がっています。

 

なので、規約変更でも

リサーチをしていくというスタンスが大事だと思います。

 

それぞれの解説(2)

2.メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者 が受けられない商品を新品として出せない

 

これは、正規店で購入した時に、保証開始の印鑑を押されると新品としては

出せませんということです。

ですので、購入時は、「景品で使う」「プレゼントで使う」など

ハンコを押せない状況を説明することで、回避できます。

 

それぞれの解説(3)

3.アマゾンで仕入れたものは新品として出せない。

これは、そもそもどうやってアマゾンで仕入れたものかを調べることは

難しいので、効力をそこまで持たないのかなと思います。

 

納品書の提出をもとめられても、他のショップなどで、仕入れしていれば

それを出せますし、抜け穴がある規約だと感じています。

 

ただ、アマゾン限定品を新品で出すことは

確実に規約違反なので、出している人は、注意してください。

 

今後の在り方

これを機に、せどり以外の稼ぎ方を身に着けていくことも

大事ですが、まずは、離れていくせどらーが多くなってくるであろう

仕入先からの仕入れ(ヤフオク・メルカリ)の仕入れも捨てずに

他のジャンルも習得していくということが大事だと思います。

 

 

僕自身もヤフオク・メルカリからの仕入れはやめるつもりはありません。

その上で、今遂行しているトレカの販売方法にさらに磨きをかけていくつもりです。

やはり、人が敬遠してくる中で、その仕入先や販売に何かしらの変化が

出てくると思うので、其の中でのおいしい稼ぎ方を追求するのがいいのかなと思います。

ピックアップ記事

  1. トレカ高騰の注意点
  2. アマゾン:トレカの新規約(新品出品厳禁)
  3. せどりで稼ぐには。
  4. 一撃100万円のトレカせどり
  5. トレカ教材公開!!

関連記事

  1. せどり知識

    せどりで稼ぐには。

    今、このブログを見ていただいている方は「せどりで悩まれている」、も…

  2. せどり知識

    トレカ販売のコツ

    今回は、メルマガでも少し掲載させてもらいましたが…

  3. せどり知識

    低資金せどり

    低資金せどりとは低資金せどりとは…

  4. せどり知識

    一定金額を副収入で稼ぎ続けることができる方法

    安定した収入源は、ありますか?僕が最近知っ…

  5. せどり知識

    トレカのリピート商品

    どんなせどりでも同じですがリピート商品というのは、必ず、もっておく…

  1. トレカの簡単な仕入れ方

    トレカせどりの仕入方
  2. トレカ高騰シングル

    今から高騰するであろう商品
  3. トレカ仕入れ情報

    物を高く売る方法
  4. せどり知識

    もう一つのせどりラインチーム
  5. せどり知識

    保護中: せどりで失敗しないための秘訣①:限定配信:仕入れ編
PAGE TOP